私たちの活動 数年前、テレビで発達障がいの男の子がこんな話をしていました。 「発達障がいではなく、僕のことを理解してもらいたい。そしたら発達障がいなんてなくなるんだと思う」 発達障がいの人の中には強すぎる光が苦手な人、強すぎる音が苦手な人、広すぎる場所が苦手な人がいます。 いるべき場所が分からずに困っている人がいます。困っていることを伝えられずに困っている人がいます。 社会で暮らしていく中では、特別なサポートだけではなく、ちょっとしたサポートも必要になってきます。 PowWowでは毎日の中でのちょっとしたサポートを広げていく活動を行います。

Copyright © 2016 Powwow All Rights Reserved.

数年前、テレビで発達障がいの男の子がこんな話をしていました。 「発達障がいではなく、僕のことを理解してもらいたい。そしたら発達障がいなんてなくなるんだと思う」 発達障がいの人の中には強すぎる光が苦手な人、強すぎる音が苦手な人、広すぎる場所が苦手な人がいます。 いるべき場所が分からずに困っている人がいます。困っていることを伝えられずに困っている人がいます。 社会で暮らしていく中では、特別なサポートだけではなく、ちょっとしたサポートも必要になってきます。 PowWowでは毎日の中でのちょっとしたサポートを広げていく活動を行います。
私たちの活動
私たちの活動 数年前、テレビで発達障がいの男の子がこんな話をしていました。 「発達障がいではなく、僕のことを理解してもらいたい。そしたら発達障がいなんてなくなるんだと思う」 発達障がいの人の中には強すぎる光が苦手な人、強すぎる音が苦手な人、広すぎる場所が苦手な人がいます。 いるべき場所が分からずに困っている人がいます。困っていることを伝えられずに困っている人がいます。 社会で暮らしていく中では、特別なサポートだけではなく、ちょっとしたサポートも必要になってきます。 PowWowでは毎日の中でのちょっとしたサポートを広げていく活動を行います。